診療内容|新三河島駅徒歩2分の眼科「西日暮里眼科」|小児眼科、在宅診療、コンタクトレンズ、眼科健診、色覚検査

診療内容

  • 最近の学会から
看護師募集
正看護師、准看護師募集中。
【正社員、パート】
勤務形態は応相談です。
勤務条件等は診療時間内に
03-5850-2800まで
お問い合わせ下さい

一般眼科

人は、外界からの情報の約80%を目(視覚)から取得しています。この情報量を考えると、聴覚や嗅覚など他の感覚器官に比べ、その取得する情報量は圧倒的に多いです。

» 詳細はこちら

小児眼科

子どもさんの目の障害は外見からはわかりにくいため、見過ごされやすく、なかなか気づきにくいものです。
個人差はありますが、3歳くらいになれば、ある程度検査ができるようになります。
視力が測れるようになったら、目の働き具合を確認するためにも、一度は眼科でしっかり検査を受けることをお勧めいたします。

» 詳細はこちら

在宅医療

ドライアイ

目がゴロゴロする、疲れやすい――それは「ドライアイ」のせいかも知れません。最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により、目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快感を覚えるという人が増えています。目に不快感があると、仕事のみならず、日常生活にも大きな不便を感じたり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状を招いたりすることがあります。

» 詳細はこちら

アレルギー相談

私たちの体には、体内に入ってくる異物を排除しようとする働きがあり、この働きを免疫と言います。本来なら、花粉などは異物と感じないしくみになっているのですが、アレルギー体質ですと、これを異物と認識して免疫反応が起こってしまい(アレルギー反応)、症状が現れます。

» 詳細はこちら

はやり目(流行性結膜炎)

アデノウイルスの感染が原因となる病気です。「目ヤニがさらさらする」「まぶしい」などの症状がありましたら、当院へご相談ください。

» 詳細はこちら

白内障

目の中の水晶体が、加齢などによって白く濁る病気が白内障です。
水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、物がぼんやりと白く霞んで見えたり、まぶしく感じたりするなどの症状が現れてきます。さらに進行すれば視力は低下し、眼鏡でも矯正できなくなって、日常生活に支障が出てきます。

» 詳細はこちら

緑内障

緑内障は、目の奥にある視神経が眼圧によって圧迫・障害され、視野が狭くなったり視力が低下する疾患で、見えない場所(暗点)が出現したり、見える範囲(視野)が狭くなったりします。初期から中期には視力が良いので異常に気づくのが遅れやすく、しかも気づいた時には既に視野が狭くなっていることも少なくありません。

» 詳細はこちら

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症の一つで、腎症、神経障害と並んで挙げられる病気です。働き盛りの年代を襲いがちな糖尿病網膜症は「中途失明」が多く、たいへん厄介です。罹病期間が長いほど発症率も高く、血糖コントロール不良の状態が長期(5~10年ぐらい)にわたると多くの場合、網膜をはじめ目の組織に様々な障害が起こってきます。

» 詳細はこちら

眼瞼けいれん(ボトックス注射)

糖尿病の三大合併症の一つで、腎症、神経障害と並んで挙げられる病気です。働き盛りの年代を襲いがちな糖尿病網膜症は「中途失明」が多く、たいへん厄介です。罹病期間が長いほど発症率も高く、血糖コントロール不良の状態が長期(5~10年ぐらい)にわたると多くの場合、網膜をはじめ目の組織に様々な障害が起こってきます。

» 詳細はこちら

眼瞼内反症

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは、瞼が眼球側に折れ返り、まつ毛が黒目に触って傷をつけたり炎症を起こしたりする疾患です。瞼の向きは正常なのに、まつ毛だけが一部眼球側に生えてくる睫毛乱生(しょうもうらんせい)という疾患もあります。眼瞼内反症には、先天性と老人性があります。

» 詳細はこちら